ご自身の歯を生涯残すために
予防歯科

予防歯科とは、昔のように
歯が痛くなってから歯医者に行くのではなく
自分の歯をいくつになっても大切にするために、
歯を削らずに、
歯が悪くなる原因を取り除く治療です。
「歯を削らず」「歯をぬかない」
治療方針のおおにしハート歯科が、
もっとも大切にしている治療でもあります。

*

歯を失う原因とは

Support to protect your oral health

歯を失うのは、虫歯と歯周病が主な原因で、全体の8割も占めています。
その虫歯と歯周病は、どちらも感染症なので、
原因菌を除去することが、予防治療のメインになります。
定期検診と的確な予防治療により、 歯が失われることを防ぐことができ、
いつまでも自分の歯でしっかりと咬めます。
加えて、おおにしハート歯科では以下のような取り組みで
来院者のお口の健康を守る手助けを行っています。

安心の担当衛生士制

*

担当制でより綿密なサポートを
メインテナンスは長年にわたって続けるものなので、できる限り個人的な情報の管理が大切です。
そのため患者様ごとに決まった衛生士が毎回対応させて頂きます。
あなたのことを理解した衛生士がここにはいます。

定期検査

*

「現在」のお口の状態をチェック
クリーニングの前に、衛生士がお口の中の検査をさせて頂きます。
これにより、虫歯のチェック、歯周病の進行度、 歯ぐきの腫れの度合い、歯石の付いている位置、前回からの変化などがきっちり分かります。
検査結果を分かりやすく説明し、相談した上で、一人ひとりに合わせた予防内容を考えています。

歯みがき学習

*

正しいセルフケアのご案内
お口の健康管理には医院でのクリーニングと並んで、家でする歯みがき(セルフケア)も大切です。一人ひとり口の状態は違うので、最適なケアの方法も違います。
担当衛生士が、その方に合わせた歯みがきのやり方や歯間ブラシなどの器具の説明をさせて頂きます。

クリーニングとPMTC

*

4ヶ月に一度の
プロケアで歯をキレイに
クリーニングで取るのは歯石だけではありません。本当は表面についているバイオフィルム(細菌の膜)も一緒に取っているのです。PMTCとは専門の器具を使い、訓練された歯科衛生士がセルフケアでは取りきれない歯石やバイオフィルムを壊して取っていくことです。
一度壊したバイオフィルムは3〜4ヶ月ほどで元に戻ります。4ヶ月に一度のPMTCによって、お口の健康を虫歯や歯周病から守ることができるのです。

フッ素塗布

*

PMTC後のフッ素塗布で
予防効果大
フッ素は歯の構造を強化し、虫歯菌が出す酸によって歯が溶けることを防いでくれます。PMTCで歯の表面がツルツルになっているときにフッ素を塗ることで、しっかりフッ素が歯に染み込みます。
クリーニングの後にはぜひフッ素を塗りましょう。

ナノケア

*

微細な傷や虫歯を修復する研磨剤
「歯のクリーニングを最近したばかりなのに、すぐに歯に着色がついてきた。」「クリーニングを受けたけど、歯がザラザラする。」そんなことありませんか?
クリーニングで歯の表面の汚れや歯石をとるときに、歯の表面をごくわずかに傷つける場合があります。その傷やザラツキがそのままだと、すぐに歯に着色や虫歯菌・歯石が付きやすくなります。
おおにしハート歯科では、出来るだけ歯を傷つけないクリーニングを行い、微細な傷や虫歯を修復する研磨剤を使用しています。
とてもツルツルな舌触りで、気持ちいいですよ。
ページの先頭へ戻るPAGE TOP