お母さんと赤ちゃんを守るために
マタニティー歯科

「初めての妊娠。歯が痛いけどどうしよう?」
「レントゲンは、おなかの赤ちゃんに影響するの?」
「妊娠中の麻酔って大丈夫?」
妊娠中の歯科治療って気になりますよね。
おおにしハート歯科では、妊娠したママさんの
マタニティ歯科にも力を入れています。

*

安定期に入ったら
まずは歯科検診を

For mothers and babies

安定期に入ったら、痛みなどの症状が無くてもお口の中をチェックするために一度ご来院ください。
妊娠中は、ホルモンバランスが変わり、体調や口腔内にも変化が起こります。
また口腔内の状況も、胎児に影響を与えることがあります。
妊娠したママさんが安心して出産できて、生まれてくる子供の健康も守るために、
妊娠中の口腔ケアはとても大切です。
妊娠中は、ホルモンバランスの変化や、生活の変化により、
それまでよりも虫歯や歯周病が進みやすくなります。
自分の健康と、将来の子供のために、マタニティー歯科で口腔ケアを始めませんか?

神戸市の無料妊婦歯科検診

*

おおにしハート歯科では、神戸市にお住まいの方の無料妊婦歯科検診を行っています。
来院時は、受診券と母子健康手帳、普段使用している歯ブラシをお持ち下さい。
なお検診当日は治療ができません。
無料ですので、お気軽に来てくださいね。

治療の流れ

01.カウンセリング
リラックスできる個室で、カウンセラーがお口の悩みや妊娠中の不安など今気になっていることを、しっかり聞かせていただきます。
* *
02.検査
虫歯や歯周病など、気になっている所の検査を行います。妊娠中でも安心して撮れるレントゲンもあります。
母子健康手帳にも、お口の状態を記入させていただきます。
* *
03.治療
検査結果を分かりやすく説明させていただいた後に、そのときの体調や妊娠期間に合わせた治療を行います。
妊娠時期によっては、できない治療もございます。
* *
04.健康学習
お口の健康を守り、そして安心して出産を迎えられるように、知っておくべき知識を伝えます。
* *
05.メインテナンス
治療がおわってから出産までまだ期間があるときは、出産前にメインテナンスされることをお勧めしています。
出産後はすぐに歯医者には行けません。しばらく歯医者に行けなくても安心なように、出産前に体調がよろしければ、口腔ケアをさせてください。
* *

よくあるご質問

現在妊娠1カ月ですが、歯の治療はできますか?

妊娠2か月までは、胎児は影響を受けやすいと言われています。
治療の内容にもよりますが、歯科治療は安定期(妊娠16週〜28週目)に行うことをお勧めしています。

レントゲン写真は、おなかの赤ちゃんに影響しますか?

歯のレントゲンは、おなかから離れているのに加えて、撮影の際は必ず鉛入りのエプロンをさせていただきます。それによりおなかの赤ちゃんの被ばくはほぼゼロに近いです。また治療の内容によっては、レントゲンがなくてもできることもあります。

麻酔の注射は、おなかの赤ちゃんに影響がありますか?

歯科治療で行う麻酔は、ほとんどが歯の周辺の局所麻酔です。全身麻酔ではありませんので、影響はありません。

歯ぐきが腫れたのですが、薬を飲んでも大丈夫ですか?

抗生物質(腫れ止め)を服用する場合、ペニシリン系やセフェム系は安全であることが明らかになっています。鎮痛剤(痛みどめ)では、カロナールなどアセトアミノフェンが安全です。おおにしハート歯科では、どちらもご用意していますが、必要最小限の使用をおすすめしています。

虫歯は、子供に感染するのですか?

感染します。ただし出産後の話です。子供さんが1歳7か月から2歳7か月ぐらいの間に、周囲の大人から虫歯菌が感染する(母子感染)ことが分かっています。妊娠中から歯科医院で口腔ケアを受けて、お母さんのお口の中の虫歯菌を減らしましょう。

歯周病は、低体重児や早産に関係するって本当ですか?

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、歯ぐきの中の歯周病菌が増えやすくなります。その歯周病菌が出す内毒素(エンドトキシン)が子宮を収縮させるため、早産や低体重児出産を引き起こすといわれています。妊娠中でも、歯周病の検査をうけて、安定期にしっかりと歯周病治療は行うのがいいですね。

ページの先頭へ戻るPAGE TOP