Doctor Blog

おおにしハート歯科、院長によるブログです。
日々の思いや治療、歯やお口についての豆知識などを書いています。
神戸市灘区東灘区にお住いの方々の「ホームドクター」を目指し、チームメンバー全員で日々奮闘中です。

歯医者さんは、なぜむし歯にならないか?

こんにちは
東灘区の歯医者 おおにしハート歯科 院長の大西です。

 

先日、患者さんからこんなことを言われました。

「先生は歯がきれいですね。

歯医者さんはどうしてむし歯にならないんですか?」

素朴な疑問ですね。

普段は自分では意識していませんが、もしかしたら歯医者と一般の人では

歯みがきのやり方が違うのでしょうか?そうかもしれません。

あらためて考えてみました。

 

歯医者である自分は普段、何を考えているか。

①歯みがきの時 どこが磨きのこしがしやすいか考えて、そこを他の部分より丁寧に磨く。

 1日1度は、できれば鏡の前に立って、今どこに歯ブラシが当たっているか見ながら磨く。

 磨いた後に、歯の表面を舌で舐めてみる。ザラっとしていたらまだ磨きのこしがあるので、もう一度磨く。

②1日1度は、必ずフロスをする。

フロスをしなければ歯と歯の間のむし歯は防げないので。

できれば歯の側面をこするイメージでフロスを使う。

しっかり歯みがきをしても、フロスをすると食べかすが残っていることがあります。

③甘いものは好きなので、間食はします。

でもアメやガムは絶対食べません。砂糖が多くて、口の中に残る時間が長く、むし歯になりやすいから。

(風邪の時は、のどが痛くなったらむし歯にならないキシリトールタブレットをなめます)

飲み物はだいたいお茶かコーヒー(砂糖なし)で。ジュースはたまに外食のときだけです。

④自分では自分の口の中を診断はできないので、定期的に自分の医院か他の医院で、

歯のクリーニングを受けます。

そうすると衛生士さんに磨けていない部分を教えてもらえるので、安心です。

クリーニング中は気持ちよくてよく寝てしまいます。

⑤朝の職場の掃除の時間に、キシリトールガムを噛んでます。

 

それぐらいでしょうか?あまり特別なことはしていない気がします。

でも日々むし歯を予防したいと真剣に考えています。

それは毎日多くのむし歯を削ったり、詰めたりしている仕事のせいだとは思いますが。

できれば歯は削りたくないです。

 

自分も子どものころはむし歯がいっぱいでしたが、学校で勉強して、

働きはじめてからは、ほとんどむし歯になったことがありません。

それでむし歯は予防できると自信がつきました。

 

なので、患者さんにもむし歯は予防できる病気だと毎日、何度も繰り返し伝えています。

ぜひ多くの人にも、自分の口の中の健康を守るために、

毎日少しの時間はむし歯予防について考えながら、歯みがきをしてもらえたらいいなと思います。

 

そして医院にくる目的が、治療のためではなく、

予防のために来たいと思っている人がどんどん増えてほしいです。

そのサポートが出来るようこれからもスタッフと一緒に頑張ります。

2020年8月
« 2月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
ページの先頭へ戻るPAGE TOP