Staff Blog

おおにしハート歯科のチームメンバーのブログです。
院長・スタッフが日々の思いやイベント、感動したことを書いています。
神戸市灘区東灘区にお住まいの方々の「ホームドクター」を目指し、チームメンバー全員で日々奮闘中です。

喫煙と歯周病

皆さんこんにちは!

東灘区の歯医者 おおにしハート歯科

歯科衛生士の植田です😊

 

優れない天気が続きますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

お休みの日に雨だと外出しづらく

なりますが、たまにはお家でゆっくり

過ごすのもいいかもしれません☺️

 

さて、今回のブログでは

「歯周病と喫煙の関係」

についてお話したいと思います!

 

「喫煙によりガンのリスクが高まる」

というお話は皆さん聞いたことが

あるかと思いますが

「喫煙により歯周病のリスクが高まる」

ということは皆さんご存知でしょうか?

喫煙は口臭や着色の原因になるだけでなく

実は歯周病にも深く関わっているのです😖

 

【歯周病】

 

まず、歯周病について簡単に説明すると、

歯を支える骨が溶けてしまい

歯を支えきれなくなり

最終的には歯が抜けてしまう

という病気のことを歯周病と言います。

今や歯周病は日本人が歯を失う原因の

第1位にもなっており

30代以上では3人に2人

が罹患している国民病です。

 

 

【喫煙が歯周病のリスクを高める】

 

そんな歯周病ですが、実は喫煙により

罹患リスクがグーンと高まってしまいます。

1日10本以上喫煙する人では

歯周病のリスクが約5倍も高くなる

というデータも存在します😖

 

【喫煙が歯周病のサインを隠す】

 

タバコに含まれる成分には

血管収縮作用があります。

血管が縮むと歯ぐきに炎症があっても

出血しなかったり

歯ぐきが腫れなかったり

と、本人が歯周病を自覚しにくくなります。

そのため、気付かぬ間に

どんどん歯周病が進んでしまう

ということも起こり得ます😖

 

【喫煙が歯周病を治りにくくする】

 

血管が縮むことにより

血液の流れが悪くなります。

それにより治癒を助ける

「酸素」や「栄養素」が

歯ぐきの中を巡りにくくなり

老廃物も溜まっていきます。

 

 

さらに、喫煙は免疫力を低下させたり

傷を治す働きも阻害してしまいます。

そのため喫煙をしている方は

歯周病治療を行っても

喫煙していない人と比べると

治療効果が薄くなってしまいます😢

(もちろん治療の効果が

全く無いわけではありません!)

 

【まとめ】

 

これらの理由により喫煙は

歯周病のリスクを高めてしまうのです😢

ですが、禁煙することにより

そのリスクを下げられる

ということも解っています。

禁煙することは簡単では無いと思いますが

ご自身のお口の中や全身の健康のためにも

喫煙している患者様には今一度禁煙について

ご検討いただけたらなと思います🍀

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ページの先頭へ戻るPAGE TOP